ECP Medical Book では、目の病気のことをはじめ白内障手術、硝子体手術などの手術に関すること、目の仕組みや各部の名称など、眼に関する様々なことをご説明します。

たとえば、「硝子体」って眼科に来てみて初めて聞いた言葉だけど詳しくは知らない、とか、「遠視」ってよく聞くけど本当はどういうことなの?とか、普段疑問に思われるようなことや眼の仕組み、各部の名称など、「眼科」に関するあらゆることについて、宮原眼科医院のスタッフがご説明します。

リニューアルしました

眼科のことならなんでも ECP Medical Book をリニューアルいたしました。
今後は今ご覧のこちらのページをご利用ください。

https://www.ecpmedicalbook.jp/

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは、網膜の中心部である黄斑が加齢に伴い網膜色素上皮の下に溜まった老廃物に障害される病気のことです。

続きを読む

角膜びらん

角膜とは黒目のことを意味し、眼の外側の部分を形成している透明な膜です。

続きを読む

ヘルペス性角膜炎

ヘルペス性角膜炎とは、単純ヘルペスウイルスが角膜(いわゆる黒目)に感染することによって発症するもので、眼の痛み・ゴロゴロ感・充血・涙・眩しさ・まぶたの腫れなどが症状としてでてきます。

続きを読む

ぶどう膜炎

ぶどう膜とは、眼の部位である虹彩・毛様体・脈絡膜の総称で、これらの組織の一部あるいは全てに起こる炎症をぶどう膜炎といいます。

続きを読む

結膜下出血

結膜下出血の原因は様々で、くしゃみ・せき・過飲酒・月経・水中メガネの締め過ぎなどでも出血します。

続きを読む

色覚異常

網膜にある視細胞がうまく機能しないと視力が低下したり、視野が狭くなるなどの異常が出るのと同様に、色覚も視細胞の機能次第で色を識別しにくくなります。

続きを読む

VDT症候群

ディスプレイやキーボード等で構成されているものをVDTといい、その機器を使用したデータ入力作業や、液晶やブラウン管などの画面を見ながらの作業を長時間続けることで、目や体、心に支障をきたす病気のことをVDT症候群といいます。

続きを読む

円錐角膜

円錐角膜とは、角膜に起こる非炎症性変性疾患で、中央部の角膜が薄くなり、角膜が前方へ円錐状に突出していく病気です。

続きを読む

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは花粉や住まいの中にあるホコリが原因となって起こる眼のアレルギーのことをいい、発症の時期から季節性と通年性に分けられます。

続きを読む