眼の痛み

角膜潰瘍

角膜潰瘍は角膜びらんとは異なり、上皮だけでなく、その奥にある実質にも濁る・薄くなるといった影響が出てくるのが特徴です。

続きを読む

細菌性角膜炎

細菌性角膜炎とは、細菌が原因で起きる角膜の炎症のことで、症状として強い目の痛み、大量の涙や眼脂(目やに)が出るなどがあります。

続きを読む

水疱性角膜症

角膜内皮細胞の極度の減少により角膜に多量の水が溜まり、水疱ができる水疱性角膜症について。

続きを読む

眼内炎

眼内炎には細菌や真菌が手術の切開部や眼球の怪我から侵入する外因性のものと、原因菌が血流に乗って目に波及する内因性のものがあります。

続きを読む

強膜炎

強膜とは眼球の一番外側に当たる部分で、この膜に炎症が起きている状態を強膜炎といいます。

続きを読む

角膜びらん

角膜とは黒目のことを意味し、眼の外側の部分を形成している透明な膜です。

続きを読む

ヘルペス性角膜炎

ヘルペス性角膜炎とは、単純ヘルペスウイルスが角膜(いわゆる黒目)に感染することによって発症するもので、眼の痛み・ゴロゴロ感・充血・涙・眩しさ・まぶたの腫れなどが症状としてでてきます。

続きを読む

ぶどう膜炎

ぶどう膜とは、眼の部位である虹彩・毛様体・脈絡膜の総称で、これらの組織の一部あるいは全てに起こる炎症をぶどう膜炎といいます。

続きを読む

VDT症候群

ディスプレイやキーボード等で構成されているものをVDTといい、その機器を使用したデータ入力作業や、液晶やブラウン管などの画面を見ながらの作業を長時間続けることで、目や体、心に支障をきたす病気のことをVDT症候群といいます。

続きを読む